PowerShell で、Office 365 への接続

http://onlinehelp.microsoft.com/office365-enterprises/hh124998.aspx

から、

Microsoft Online Services サインイン アシスタント (IDCRL7) – 32 ビット版
Microsoft Online Services サインイン アシスタント (IDCRL7) – 64 ビット版

サインインアシスタントをインストールしている場合には、インストールの必要はない。インストールされていた場合は、以下のエラーが表示される

image

Windows PowerShell 用 Microsoft Online Services モジュール (32 ビット バージョン) 
Windows PowerShell 用 Microsoft Online Services モジュール (64 ビット バージョン)

を、環境に合わせてインストール、インストール後はデスクトップにアイコンができる。

image

このアイコンから、
もしくは、通常の PowerShell を起動し、以下のコマンドを入力して、モジュールを読み込む

import-module MSOnline

ここまでの準備が完了したら、Office 365 への接続します。

$O365Cred = Get-Credential

image

$O365Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ –Credential $O365Cred -Authentication Basic –AllowRedirection

以下の警告が出るがそのまま無視

警告: 接続は次の URIにリダイレクトされました。”https://pod51024psh.outlook.com/PowerShell-LiveID?PSVersion=3.0

Import-PSSession $O365Session

実行中に、緑色の背景で、いろいろ出ますが、そのまま放置

image

Connect-MsolService –Credential $O365Cred

以上で、PowerShell から、Office 365 への接続準備が完了

例えば、

Get-User                           # ユーザーの取得

Get-MsolDomain              # ドメインの一覧の取得

で、Office 365 の情報を取得できる。

広告
カテゴリー: Office 365 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中