DocAve Ver.6 マネージャーサービスのインストール

使用者名と会社名の入力
2

ライセンスへの同意
3

インストール場所の選択
4

インストール項目の選択
今回は、評価目的なので完全インストール
5

インストールの前提条件の確認
エラーなどがあった場合には、警告や不合格が表示される
Web サーバーについては、以下の役割が必要

  • Web サーバー
  • HTTP 基本機能 (静的なコンテンツ、既定のドキュメント)
  • アプリケーション開発 (ASP.NET、.NET 拡張性、ISAPI 拡張、ISAPI フィルター)
  • 管理ツール (IIS 管理コンソール、IIS 6 管理互換、IIS 6 メタベース互換)

6

DocAve の管理画面を動作させるWebサイトの設定

アプリケーションのアカウント・パスワードを設定
ポートのバッティングがない限り、ポートはそのまま
ここに記載のポートで、ファイヤウォールに穴を開けること

7

DocAve のデータを保存するためのDBサーバーの設定

パスフレーズは、任意の文字列を設定。
この文字列を使って、DocAveマネージャーサービスは、エージェントとの接続を行う。

データベースをクラスタにしているのであれば、チェック

8

ここで、よくあるのが、SQL サーバー側で、ファイアウォールに穴をあけていないことによる、接続できませんでしたエラー
SQL Server の 1433 ポートは、事前に空けておきましょう

image

コントロール用のデータベースの作成確認

image

メディアサービスの構成

ここに記載のポートで、ファイヤウォールに穴を開けること

9

レポートサービスの構成

ここに記載のポートで、ファイヤウォールに穴を開けること

10

レポートサービスのデータベースの構築

11

image

監査用のデータベースの構築

12

image

証明書の設定

DocAve のサイトにアクセスする際には、SSL を利用するので、その証明書の設定
Built-In 証明書で、問題ないです。

13

インストール !!!

14

インストールが完了すると、エージェントとの接続用のパスフレーズが表示される。
エージェントのインストール時に、必要になります。

16

DocAve が作成するデータベースは、今回の設定なら、以下の3つ

image

エージェントと通信できるように、必要に応じて、
マネージャーのマシンのファイヤウォールの以下のポートをあける

  • コントトールサービス :14000
  • メディアサービス         :14001 , 14002
  • レポートサービス         :14003

インストールが終了すると、デスクトップにアイコンが作成されるので、ダブルクリックで起動してください。
Ver. 6 では、SilverLight を利用しているので、SilverLight のインストールが必要です。

image

自己証明書で、SSLを行っているため、証明書のエラーが表示されますが、気にせず、続行

image

Welcome to DocAve 6 !!!

image

image

広告
カテゴリー: DocAve パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中